福井県共生社会推進タウンミーティングに参画しました! 2021/12/11

障がいの有無に関わらず幸せに暮らせる共生社会の実現に向けての「共生社会推進タウンミーティング2021」に参画しました。

障がい当事者を含む約60名が参加し、「共生社会の将来像」と「障がいを理由とする差別の解消や合理的配慮」をテーマとした意見交換が行われました。

その中でCompathとしては、県内で手帳を持っている方といわゆるグレーゾーンの方が合わせて県内約15万人が生きづらさを感じていることを背景として、障がい児者の家の内外での生活領域に関する以下の要望を上げさせていただきました。


①家の中での生活領域(日常生活) 

相談窓口がよくわからないという現状を踏まえて、岩手県盛岡市の重層的支援体制整備事業を例に挙げ、制度の狭間に陥らないためのネットワークの構築やワンストップ窓口の整備をお願いしました。


②家の外での生活領域(余暇活動や就労などの社会参画)

一般社団法人Compathでは、障がい児者の様々な理由による外出が難しい状況の解消を図るために、地域の自然を活用したコンテンツの開発運営や障がい当事者から外出に関する情報を集約するための「ふくいユニバーサルツーリズムアワード2021」を行っています。

障がい児者の社会参画(就労を含めた外出)が推進されることで、障がい児者と健常者が出会いふれあうことになります。

実際にふれあうことにより、心のバリアフリーや合理的配慮が醸成されることが期待できるため、全国に先駆けた余暇活動を含めた外出に関する支援制度の構築をお願いしました。


福井県健康福祉部障がい福祉課長の白崎様からは、積極的に取り組んでいきますとのお返事をいただきました。

Compathも共生社会の実現の一翼を担えるよう、精一杯頑張っていこうと思います。

一般社団法人 Compath

〒913-0063 福井県坂井市三国町安島64-1-166 東尋坊交流センター201







    お預かりした個人情報は、ご返信の目的のみに使用します。無断で第三者に公開することはありません。秘密を厳守致します。