【参加者募集!】SDGsを楽しく学ぶ!SDGsカードゲームの勉強会を開催します!2021/12/26

一般社団法人Compathでは、SDGsを楽しく学ぶカードゲームを開催いたします!

申込期限は、12月24日(木)になります。参加をご希望の方は、下記の申込フォームよりお申し込みくださいませ!

 

【申込フォーム】↓↓↓

https://forms.gle/3s7UnhuGdnnqVB8x8

 

福井県共生社会推進タウンミーティングに参画しました! 2021/12/11

障がいの有無に関わらず幸せに暮らせる共生社会の実現に向けての「共生社会推進タウンミーティング2021」に参画しました。

障がい当事者を含む約60名が参加し、「共生社会の将来像」と「障がいを理由とする差別の解消や合理的配慮」をテーマとした意見交換が行われました。

その中でCompathとしては、県内で手帳を持っている方といわゆるグレーゾーンの方が合わせて県内約15万人が生きづらさを感じていることを背景として、障がい児者の家の内外での生活領域に関する以下の要望を上げさせていただきました。


①家の中での生活領域(日常生活) 

相談窓口がよくわからないという現状を踏まえて、岩手県盛岡市の重層的支援体制整備事業を例に挙げ、制度の狭間に陥らないためのネットワークの構築やワンストップ窓口の整備をお願いしました。


②家の外での生活領域(余暇活動や就労などの社会参画)

一般社団法人Compathでは、障がい児者の様々な理由による外出が難しい状況の解消を図るために、地域の自然を活用したコンテンツの開発運営や障がい当事者から外出に関する情報を集約するための「ふくいユニバーサルツーリズムアワード2021」を行っています。

障がい児者の社会参画(就労を含めた外出)が推進されることで、障がい児者と健常者が出会いふれあうことになります。

実際にふれあうことにより、心のバリアフリーや合理的配慮が醸成されることが期待できるため、全国に先駆けた余暇活動を含めた外出に関する支援制度の構築をお願いしました。


福井県健康福祉部障がい福祉課長の白崎様からは、積極的に取り組んでいきますとのお返事をいただきました。

Compathも共生社会の実現の一翼を担えるよう、精一杯頑張っていこうと思います。

障がい児者のパパママの集い in PORTA 2021/12/09

障がいおよび境界知能(健常者と障がい児者の境界。いわばグレーゾーンのIQしかない方々)のお子様

を持つ親が集い、日々の悩みや相談を気軽にできる「集い」を12月9日(木)9:00~11:00に三国町の

喫茶店PORTAで開催しました!

 

当日は、15名ほどが集まり、あっというまに満員に!沢山の方にお越しいただきありがとうございました!

当日は、重症心身障害のリハビリやサポートを行う理学療法士の先生も同席し、普段、一人で抱え込んでいる

悩みなどを皆で共有・共感し、終始和やかな雰囲気で開催されました。

 

特に話しが盛り上がったのが、「境界知能」について。見た目は普通。文字も読め、会話も出来る。

一見普通の健常者に見えますが、学校の授業で先生の言っていることが分からない。5年生なのに2~3年生の

授業しかできない。落ち着きが無く、集団行動が出来ないなど、全国に約1,200万人いると言われる人々に

ついてです。

 

出来ないことで、絶望したり、落ち込んだり、周りとの比較でいじめられたり、社会人になると一生懸命やって

いるのに、「さぼっている」「なまけている」などと言われ、鬱になり、最悪自ら命を絶ってしまう。

障がいを認定されにくく、相談しても「様子を見ましょう」の一点張りで、親はとても不安に駆られます。

そうした、いわばグレーゾーンで、親子共に生きづらさを感じると言われています。

 

一般社団法人Compathでは、今後もこうした方々の声を拾い、社会や自治体に少しでも働きかけ、支援体制強化や

役割分担も含めて活動していきたいと思っております。

「ふくいユニバーサルツーリズムアワード2021」一次審査が終了しました 2021/12/01

「ふくいユニバーサルツーリズムアワード2021」の募集期間及び一次審査が終了し、21件のうち9件のエントリー内容が最終審査にノミネートされました。初の開催にも関わらず多くの方に参加いただき、誠にありがとうございます。

 

【一次審査通過エントリー】

エントリーNo.1
コース名:東尋坊~越前松島散策コース
内容:「坂井市海浜自然公園」「東尋坊」「越前松島」

エントリーNo.2
コース名:0円で楽しんじゃおう!!
内容:「なかよしとんがり公園」「芦湯」

エントリーNo.3
コース名:身障者も介助者ものんびり楽しめちゃう!
内容:「越前松島水族館」「グランディア芳泉」

エントリーNo.6
コース名:ハーモニーホールと敷地内のレストランクーゼー
内容:「ハーモニーホール福井 レストランクーゼー」「東尋坊サンセットビーチと民宿よしおか」「陶芸村」

エントリーNo.9
コース名:大野市散策
内容:「大野城下、七間通り、御清水」「越前大野城」

エントリーNo.11
コース名:ふくいの推し旅♡
内容:「福井県恐竜博物館」「はたや記念館 ゆいおーれ勝山」「みるく茶屋」

エントリーNo.12
コース名:大野道の駅巡り
内容:「道の駅 越前おおの荒島の郷」「道の駅 九頭竜」」

エントリーNo.16
コース名:芦原温泉 入浴
内容:「清風荘」「貸切風呂」

エントリーNo.17
コース名:金津の自然体験コース
内容:「トリムパーク金津」「ラーメン屋 福の神」

 

最終審査ではこの中からグランプリ1名、優秀賞2名が選ばれます。最終審査の結果発表は1月下旬を予定しています。

 

【審査委員】

江川 誠一  福井大学 国際地域学部(観光学)

小藤 幸男  社会福祉法人福井県社会福祉協議会 会長

田中 志敬  福井大学 国際地域学部(社会学)

土田 耕一  福井県旅館ホテル生活衛生同業組合 理事長

山田 義彦  公益社団法人福井県観光連盟 会長

※敬称略・五十音順

 

[ふくいユニバーサルツーリズムアワードとは?]

本アワードは、県内に約5万(全国で約880万人)にいる障がい児者の方々が、安心して楽しむことのできる福井の知られざるスポットやお店などの掘り起こしを目的に実施し、当事者または介助者の皆さまの情報を集め、整理・発信することで、やさしい観光地、住み良いまちの整備に向けて気運を高めていく為に実施いたします。

募集期間:2021年10月1日~10月31日

〈主催〉ふくいユニバーサルツーリズムアワード実行委員会

〈協力〉国立大学法人福井大学(田中研究室)

〈後援〉福井県 公益社団法人福井県観光連盟 社会福祉法人福井県社会福祉協議会 福井県旅館ホテル生活衛生同業組合 福井新聞社 FBC 福井テレビ FM福井

〈運営事務局〉一般社団法人Compath

一般社団法人 Compath

〒913-0063 福井県坂井市三国町安島64-1-166 東尋坊交流センター201







    お預かりした個人情報は、ご返信の目的のみに使用します。無断で第三者に公開することはありません。秘密を厳守致します。